• 新型コロナウイルス感染症に関する新着情報【10月31日更新】
  • ウクライナ侵攻にかかる学生の受け入れ支援について【4月20日】

TOPICS

千早茜さん

EDITOR'S
EYE

直木賞受賞、おめでとうございます!

TOPICS 01

第168回直木賞 立命館大学卒業生の千早茜さんが受賞

 2023年1月19日(木)、第168回直木三十五賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が開催され、本学文学部を2003年に卒業された千早茜さんの作品『しろがねの葉』(新潮社、2022年)が選ばれました。

 千早さんは、2008年「魚神(いおがみ)」で第21回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。『あとかた』(新潮社、2013年)、『男ともだち』(文藝春秋、2014年)がそれぞれ150回、151回直木賞候補にノミネート。3度目の候補作で受賞を果たしました。

 受賞作は、戦国末期、シルバーラッシュに沸く石見銀山を舞台に、過酷な環境のなか、運命に抗い生きた、少女ウメの生涯を描いた作品です。今次の受賞を機に、千早さんのさらなる活躍が期待されます。

TOPICS 01へ

作家 高瀬隼子を育てた“創作への熱量” 『おいしいごはんが食べられますように』はいかにして生まれたか

TOPICS 02

作家 高瀬隼子を育てた“創作への熱量” 『おいしいごはんが食べられますように』はいかにして生まれたか

TOPICS 02へ

ページトップへ